読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天天晴天:台湾ドラマと中華なドラマ

台湾ドラマや中華なドラマの感想を書いています。吳慷仁が好きです。

「アニキに恋して」 第8話

「アニキに恋して」(愛上哥們)第8話。

 

久しぶりの視聴になりましたが、この手の台湾ドラマのゆるっとした感じはやっぱり好きです。

 

どう考えても、ファスナーの無いポケットより、リュックの中の方が安全だと思うのですけれど…。

 

以下、ネタバレあります。

 

続きを読む

ただいま

すっかりお休みしてしまいました。日本の年末年始は忙しいです。

 

「アニキに恋して」は気に入っているので、さっくりながら見することもできず、ホームドラマチャンネルさんの放送からもどんどん離されてしまいましたが、今日から復活したいと思います。

この間、吳慷仁の情報も追えていなかったのですが、どうやら三立のドラマに出演するようです。わくわく。が、きっと日本では放送されないですよね…。

 

その証拠のように、植劇場で吳慷仁が出演していた1本目「戀愛沙塵暴」の次に放送されたレイニーちゃんの「荼蘼」が、早くも日本に登場です。

アジアドラマチックテレビさんで2月4日から放送開始。邦題は「恋の始まり 夢の終わり」。レイニー・ヤンは大好きなので必ず見ます。嬉しいです。でも、やっぱり吳慷仁の作品は来ないのね、という思いがよぎります。わかっていてもさみしい、ファンとはそんなもの。

 

出遅れましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。

「アニキに恋して」 第7話

「アニキに恋して」(愛上哥們)第7話。

 

靴擦れにハンカチなんて巻いて靴履いたら余計に痛いですけどね、子楓。

 

以下、ネタバレあります。

 

続きを読む

「アニキに恋して」 第6話

「アニキに恋して」(愛上哥們)第6話。

子楓、かっこいい。

 

以下、ネタバレあります。

 

 

続きを読む

「アニキに恋して」 第5話

「アニキに恋して」(愛上哥們)第5話。

 

廊下を歩いてきて壁に張り付く亞諾、かわいい。

そして子楓、なぜそんな無謀な方法を選択する。

 

以下、ネタバレあります。

 

続きを読む

「アニキに恋して」 第4話

「アニキに恋して」(愛上哥們)第4話。

 

2組目のカップルも気になってきました。

義妹フェイフェイ、娜娜を演じている陳語安は外見からはイメージできない元気な話し方と笑顔が魅力的です。

 

お相手の青陽、Bii(畢書盡)が歌う挿入歌「逆時光的浪」のMVには二人で登場しています。MVで見るとちょっとお淑やか。

youtu.be

 

陳語安が使っているポストイットは三立電視のマスコット「灰熊厲害」(A-Li)柄ですね。「カノジョの恋の秘密」でダーホァに気に入られ、溫昇豪が中に入っていたのが懐かしい。

 

以下、ネタバレあります。

 

続きを読む

第51回金鐘獎:動画いろいろ

先週の第51回金鐘獎、吳慷仁の「戲劇節目男主角獎」受賞から一週間が経ちました。

授賞式の様子がいろいろとおもしろかったので、いくつか貼ってみることにしました。

 

まずはやはり主演男優賞発表の場面。

私的見どころは、

・いちいち落ち着いているジェントルマンなハジメちゃん(王傳一)

・笑顔で祈りまくる視聴者のような朱青(連俞涵)

・吳慷仁の名を絶叫する自由な天心

・自分が賞を逃した瞬間なのになぜか大喜びする單承矩さん(長髪の方です)

・ガッツポーズ→グイグイハグ→背中バンバン→こぶしでお返事と、終始力の入った曹瑞原監督

 

youtu.be

 

 單承矩さんについては、見間違いかと思い、何度も見てしまったのですが、やはり喜んでいますよね。あまりに大喜びなので、天心にウケた、という可能性も考えてみましたが、舞台でも活躍するベテラン俳優さんなので、吳慷仁のもとに賞がいったことを喜んでくれていたのでしょうか。ぜひ真相が知りたいです。

 

画面左で喜ぶ單承矩さんを見ていると視野に入らないのですが、画面右側には曹瑞原監督のガッツポーズ(右腕だけ)が映ります。受賞コメントの監督へのお礼にも力強く拳を握り締めてお返事していましたが、吳慷仁の方もノミネートのときからこうして評価されたことで監督に恩返しができたといった意味合いの話をしていましたし、監督と吳慷仁、それぞれに強い思いがあるのでしょうね。

 

 

こちらは、その監督の受賞シーン↓

youtu.be

 

監督の第一声は、この直前に受賞を逃した脚本家に向けて、黃世鳴、この賞は君の物だ、ですよね?

 

脚本賞、新人賞、監督賞のプレゼンターは、アリス・クー(柯佳嬿)、ロイ・チウ(邱澤)、ジョアンヌ・ツァン(曾之喬)の「結婚なんてお断り!?」(必娶女人)組で、彼らの期待は当然ながら「必娶女人」組の受賞。美しい胸元を見せたエレガントなドレス姿とはそぐわない子供っぽさで監督の受賞に期待を寄せるジョアンヌがかわいいです。

 

そしてここでも監督の受賞に満面の笑みの單承矩さん。

 

 

今回、レッドカーペットで一番素敵だと思ったのは、ティファニー・シュー(許瑋甯)とピーター・ホー(何潤東)組です。

二人の存在感と華やかさ。Liveで見ていた時、一瞬で引きつけられてしまいました。ちょうどいい動画がないので、全部入り↓ 

24分50秒あたりに登場します。

youtu.be

 

 

こちらはアリス・クー(柯佳嬿)とロイ・チウ(邱澤)↓

 

youtu.be

 

実はジョアンヌ・ツァン(曾之喬)はレッドカーペットに登場しなかったのですよね。どうしたのかと思ったら、主催者側の手違いがあったとか。そんなことってあるんですね。

 

 

バロン・チェン(陳楚河)とメーガン・ライ(賴雅妍)は、「アニキに恋して」(愛上哥們)から誰一人ノミネートされなかったにもかかわらず、プレゼンターのお役目を受けて堂々の登場です。三立の意地を感じましたが、出る二人も素晴らしい。

とにかく歓声がすごいです。

二人はファンの気持ちを汲んでしっかり演技。たとえメーガンがドレスを着ても腕は組まずに手を繋いで歩きます。少し照れた感じで左右に揺れて歩くメーガンはかわいいですね。

youtu.be

 

 

そして36歳とは思えない落ち着きのハジメちゃん(王傳一)↓

バロン・チェンより2歳年下。

お相手は「失去你的那一天」のヒロイン李千娜。隣には劉瑞琪さん。劉瑞琪さんへのサポートがこれまたジェントルマンなハジメちゃん。でも、その手の触り方はいったい…。

youtu.be

 

 

最後は郭軫(吳慷仁)と朱青(連俞涵)。

この二人、メインのインタビューコーナーには呼んでもらえなかったので、上の方々のようなインタビューシーンはありません。レッドカーペットからインタビューまで比較的たくさん映っているニュース映像を↓

youtu.be

 

 

連俞涵を見るときの吳慷仁はいつも後輩の女子を見るような視線で、他の女優さんたちが相手の時とちょっと違うのですよね。ところが連俞涵の方はまったく壁がなくむしろ他より遠慮のない感じでおもしろいです。

 

ちょっと息抜き、歌のコーナーで登場したBiiさん。

「アニキに恋して」(愛上哥們)の青陽が、過去のドラマ主題歌をメドレーで歌います。たくさんあってびっくり。金鐘獎と関係のない三立ドラマの歌も混ぜ込んでお届けしたため、一部ご批判もあったようですが、個人的にはとても楽しめました。「Love Around~恋するロミオとジュリエット」(真愛黑白配)の主題歌「Come Back To Me」、好きだったのですが、この曲もBiiが歌っていたとは知りませんでした。この人、すごい曲数歌っているのですね。

youtu.be

 

 

さて、最後はやっぱり「一把青」組。

授賞式後の監督、吳慷仁、シェリル・ヤン(楊謹華)、天心、連俞涵です。

吳慷仁が藍鈞天や楊一展の名前も出して色々語っていますが、音だけなのでなんとなくしかわかりません。シェリルに視線を向けながらも言うのを止めているあたりは、なんとも言えない気持ちになりますが、発表を見守った吳慷仁の様子や彼の顔を見たら泣いてしまいそうで見られなかったというシェリルの話などとともに、この二人の関係の良さが感じられる場面でもありました。

youtu.be