読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天天晴天:台湾ドラマと中華なドラマ

台湾ドラマや中華なドラマの感想を書いています。吳慷仁が好きです。

「幸せが聴こえる」 第32話

「幸せが聴こえる」(聽見幸福)第32話。

 

なんと、ボーイエンの言葉に泣いてしまいました。

 

以下、ネタバレありです。

 

 

 

今回は、ユーシーもジャンチェンも眠り過ぎ。

 

ユーシーの事故に、かつてルオハンが話したバタフライ効果の話を思い出すジャンチェンですが、ジャンチェンが繋げる過去が、

もし引き留めなければ、告白しなければ、別れていれば、と、

わりと普通。

もっと双子のテレパシー的な世界を期待していたのに。

 

そして、なんと、バネッサとボーイエンに涙してしまいました。

バネッサがボーイエンのことを考えたり、彼に語りかけたりするときの、すべてをわかっていながらその上で言葉を選んでいる感じの優しさが好きです。バネッサとならボーイエンもやり直せたかもしれないのにと思います。

 

ボーイエンがメッセージを携帯に録音したあと、バネッサに、君を出産まで支えると約束したけれど約束を守れるかどうかと謝るところはせつないです。パパとママとして繋がる二人ですが、相手を理解して踏み込み過ぎないところに、むしろ愛情を感じます。

ボーイエンが亡くなった時、ボーイエンの手に、そして額にキスをして、安心して静かに眠ってと語りかけるバネッサの表情がとても柔らかで、孤独なボーイエンを守る母親のようにも見えました。

 

ボーイエンのメッセージは、ユーシーへの言葉だけだと思っていました。自分が蒔いた種とはいえ、身を挺して、命をかけてまでユーシーを守ったボーイエンですから、ユーシーを愛していたに違いありません。ボーイエンが残した、ユーシーが与える愛に安心して甘え過ぎていた、ユーシーの気持ちを顧みることなく出世だけのために力を尽くしていた、つらい思いばかりさせた、どうか許してほしい、という過去を詫びる言葉は、あまりに遅いけれど、救われるものがあります。

でも、この言葉を届けに来たバネッサはどんな気持ちなのかと思い、少し複雑な思いでいました。まさか、バネッサに向けた思いが語られていたとは。それもユーシーにお願いするなんて。

君のことが好きだったとバネッサに伝えて、自分の気持ちに気づくのが遅すぎた、でもこれは今の僕の正直な気持ち。

涙涙涙。

こんな言葉を残されたら、ボーイエンから心が離れられなくなりそうです。この言葉をバネッサに直接語らず、ユーシーに伝えてほしいと頼んだのは、ユーシーにバネッサを力づけてほしいという思いもあったのか、それとも、ユーシーに頼むことで、この気持ちが嘘ではないと伝えたかったのか。ボーイエンの思いはわかりませんが、いずれにしても心に響きます。

 

目覚めないユーシーとの結婚は、ジャンチェンにとっては、何があってもユーシーと離れず支え続けるという決意の表れなのだと思いますが、ユーシーママの言う通り、意識が戻るまで待ってほしい気もします。ユーシーを全力で支えることは、結婚しないとだめなのでしょうか。

意識のない女性との結婚を決意するというのは、以前見たドラマにも2回ほど登場したのですが、いずれも責任を取る意味合いが強く感じられる結婚でした。ユーシーとジェンチェンは、結婚しなくても十分に思い合っていますし、結婚しなくてもジャンチェンが側にいることができます。この場合は、もう少し待ってほしいような気もします。でもジャンチェンは、結婚することによって気持ちを表したかったのでしょうね。

 

気付けばヤーティーが元気になって立っているのですが、ヤーティー、前回の医師の台詞では移植が必要だったはず。こんな短期間に、どうやって元気になったのか気になります。

 

ブーケトスを前に目をきらきらさせて、ブーケを奪われてがっかりするフェイフェイは、相変わらずかわいいです。義兄のユーシーへの思いを羨ましいと話し、自分もそんな人に会えるかなといちいち具体的に説明しながら話すフェイフェイ。いっぱいきっかけをつくってあげないと自分の気持ちを伝えてくれないユーアンが相手だと大変です。山ほどのパスをフェイフェイからもらったユーアンは、ようやくフェイフェイの手を引いて歩き始めます。このかわいい二人は見ている人を幸せにしてくれます。

 

ユーシーがようやく目覚めました。

ジャンチェン、眠り過ぎ。

目覚めたユーシーが自分の手にはめられた指輪とジャンチェンの指輪をみつめていたのを見て、こうやって自分が眠っている時間にジャンチェンがどれだけ自分を大切にしていたかを一瞬で感じることができるという意味では、あの結婚式もよかったのかも、と思いました。目覚めない花嫁との結婚は、以前に見たウォレス・フォ(霍建華)が出ていたドラマやチェン・クン(陳坤)が出ていたドラマの結婚式のイメージがあって、幸せな気分になりにくいのかもしれません。

 

そしてユーシーは、何日も寝ていたというのに、普通に歩いて出て行きました。

次回はみんなが幸せになって終われるでしょうか。このドラマに悲劇的な最終回は似合わないので、デレデレでもいいので幸せに終わってほしいです。