読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天天晴天:台湾ドラマと中華なドラマ

台湾ドラマや中華なドラマの感想を書いています。吳慷仁が好きです。

「雲中歌~愛を奏でる~」ざっくり①

4月4日からLaLaTVさんで放送されていた「雲中歌~愛を奏でる~」(大汉情缘之云中歌)、毎日2話放送はさすがに早く、全45話が1か月で終了しました。

 

思いの外おもしろかったです。特に中盤以降はなんだかんだ心で突っ込みつつも放送が楽しみになってしまいました。これは孟珏にはまれたことが大きかったと思います。雲歌の位置で、雲歌と劉弗陵に思いを寄せて見ていたら、あまり盛り上がれずにいたはず。

同時期にろうやぼう様が放送中だったので、雲中歌がおもしろいと言ったら見る目がないと思われそうな気さえしましたが、あれはあれ、これはこれ。

 

このドラマは、陸毅(陆毅)とアンジェラベイビー(Angelababy:楊穎)が共演し、陳暁(陈晓)まで出ているという、比較的入り口が広い作品だと思います。アンジェラベイビーも陳暁も、本業はもちろん、私生活やそのお相手も派手に報道されているので、中華ドラマファンが一度は目にする名前かと思いますし、陸毅の知名度は言うまでもありません。知っている俳優さんが出ていればきっかけになりますし、写真レベルでかっこいい男優陣がいれば尚有利ですよね。

 

とはいえ、今回、私が雲中歌を見た理由は、張天陽(张天阳)。

そして、男性主役その1は杜淳。でも、杜淳が第一であることは数話経って気づきました。全話見終わった感想は↓

 

◯地味でいていやらしい杜淳

◯お人形のような雲歌

◯かっこいい劉病已とかっこいいと自覚している陳暁

◯劉賀劉賀劉賀

◯二股雲歌と一途な女性たち

◯張天陽はまだ

◯最終回の解釈は…

 

 

【地味でいていやらしい杜淳】

孟珏にはまれたから楽しめた雲中歌。

はじめは、陸毅、陳暁というわかりやすいイケメン二人を差し置いてなぜ杜淳が、という疑問に打ち勝てないまま見ていたのですが、徐々に杜淳演じる孟珏が気になり始め、いつしか孟珏にはまってしまいました。

 

孟珏自体、いい役です。雲歌への一途な愛、医術に長けた上に大局を見極め的確な策を練る知性、誰に襲われても倒せる武術の腕前、単身で成り上がる実行力、根底にある誠実さ、無実の罪をも背負える懐の深さ、こういった一見パーフェクトな魅力を持ちながらも、弟を失った過去、身も心も傷ついた幼少期、自分を大切にしない愚かさといった助けたくなる面を持ち合わせ、それを見せない男らしさがある、これは見る側の気持ちを引きつけるでしょう。

 

視聴後に知ったのですが、この孟珏、原作には「長安第一美男」とあるらしいのです。悲劇的な影あるパーフェクト美男子、といったところでしょうか。これは確かに杜淳のイメージではありません。原作を知るファンから長安第一美男ではないとご不満を買っていたことにも、致し方ない、と思えます。

 

孟珏を演じる杜淳には、妙な色気があります。「色っぽい」と言うような漂う色香とは違いますし、「セクシー」と言うようなストレートな色気とも違います。失礼承知で表現するなら、いやらしい。ところが決して下品ではありません。

そして非常に安心感があります。これは役柄というよりも、杜淳が安心感をもたらす人であることに起因するように感じました。

 

杜淳が演じた孟珏は、悲劇的な影あるパーフェクト美男子ではなく、ずっと心身傷だらけであることを忘れさせるほどに男性として安心感を与えてくれ、それでいて適度にいやらしく、見る側に充実感を感じさせる男性だったと思います。

 

杜淳を知ったのは、「傾城の雪」(倾城雪)で、いつ相手役の主演男優さんが出てくるのかなあと思っていたら、すでにずっと出ていた杜淳(役名:徐恨)が主役だった、という失礼な出会いでした。なぜこの地味で平凡な人が主役なのかともんもんとしたものです。その後、「隋唐演義」で李世民を演じた杜淳を見た時には凛々しさがあって妙にほっとしました。

 

地味平凡といやらしさの両極を行き来し、いやらしい時もけっして下品にならず、身を任せられる安心感を持つ杜淳。おじさんに見えて1981年生まれ。気になってしまいます。

 

 

【お人形のような雲歌】

雲歌を演じたアンジェラベイビー(Angelababy:楊穎)は非常にかわいらしく、お人形のようでした。

嫌みのないヒロインながら、ヒロインの気持ちに乗っていくには何かが足りず、それでいて、あの外見で屈託のない笑顔を向けられればそれでいいようにも思えてしまいます。よく考えてみると、雲歌は、恋愛関係にある男性のみならず、周囲の人たちをかなり振り回しているのですが嫌な女には見えません。

楊穎は、美人、かわいい、というより、きれいなお人形のよう。彼女の他のどんな要素よりも造形が突出してしまいます。これが良いのか悪いのか。役柄によってどちらにも転びそうですが、このドラマの雲歌には合っていたように思います。

 

ざっくりの予定が長くなってしまいました。つづきは②③へ。